谷川岳から平標山縦走。

先月末は、谷川岳から万太郎山、仙ノ倉山を経て平標山まで行く縦走コースを歩いてきました。

上越・谷川岳から平標山縦走

登山期間:6月25日~26日(1泊2日)

1日目は西黒尾根を登って、谷川岳まで。

早朝、家を出るときから日差しが強烈で、行動中の暑さを心配しましたが、案の定汗だくで行動することに。

それでもまあまあ順調に進み、肩の小屋にチェックイン後にオキの耳までピストン。
花もたくさん咲いていてきれいでした。

夕食後は、見事な夕景を楽しんだ後、19時半にはシュラフに入って爆睡しました。

2日目はアップダウンが嫌になるほど続く、コースタイムも9時間50分と、とても長い行程です。

オジカ沢ノ頭、小障子ノ頭、大障子ノ頭、万太郎山、エビス大黒ノ頭と越えて、やっと仙ノ倉山に到着。
この間はさほど難しくはないのですが、確実なエスケープルートがない区間なので特に慎重に歩きました。

仙ノ倉山からはまるで遊歩道を思わせる道に変わり、最後のピークとなる平標山から平標山の家を経て平標登山口バス停に下山。
予定通りに16時40分発のバスに乗車して越後湯沢駅に向かい、新幹線で帰路につきました。