今月の山の雑誌。

6月15日に発売された今月の山の雑誌は、以下の『山と溪谷』に記事を書いています。

今回書いたのは、特集「槍穂高・後立山・剱岳 北アルプス三大岩稜帯」のHow toページ。
装備編4ページの監修と、行動中の心得編1ページ、歩行技術編5ページの執筆をしました。

歩行技術編では、岩場での登り、下り、横移動などの動作を、文章で解説。

私はこの手の、How toの執筆は得意なほうです。
初級者、特に独学で登山を続けてきた方には役立つことも書いてあると思いますので、ぜひお買い求めの上、参考になさってくださいね。

ちなみに私は、槍穂高連峰も後立山連峰も剱岳も、よく足を向けるエリアです。

特に多いのは槍穂高で、今年の夏は6回出向く予定。
また剱岳も、2回予定が入っています。
そのいっぽう、後立山連峰の予定はなし。

本来は限られた夏の期間中は、多くのエリアに足を向けるようにしておくのが理想です。
今年は槍穂高と剱岳に集中してしまったのですが、来年は不帰キレット、八峰キレットをそれぞれ1回ずつは計画したいと思っています。

その他の近況ですが、長く書き続けてきた書籍の印刷見本の確認は、昨日無事に終了。
もしかしたら印刷工程の直前に、細かな内容確認の連絡が入るかもしれないので、今日の午前中は自宅で待機しています。

本のほうは発売日が近付いたら、詳細をお知らせします。

山にも少しは行っています。

ガイドの仕事で秩父の二子山や丹沢の畦ヶ丸を登ったり、久し振りに会う山仲間と中央本線沿線の太刀岡山に登ったり。

この後はガイドプランで谷川岳や八ヶ岳に向かう予定があるのですが、それ以外にプライベートでも、1~2泊を要する山に向かいたいと考えています。