今月の山の雑誌。

昨日発売の今月の山の雑誌は、以下の『岳人』に記事を書いています。

今回書いたのは、特集「花の山、残雪の山」のうちの2本。

まずは「春爛漫の花の山」のほうで、丹沢のミツバ岳から権現山の日帰り縦走ハイキングのコースガイドを書きました。
以下に、誌面に未掲載の写真を載せておきます。

ご覧の通り、このコースで見れる花はミツマタ。
小さな花がボールのようにかたまって咲く、可愛らしい植物です。
ミツバ岳の山頂部では、けっこうまとまって咲いているので見事です!

また、ここには載せていないメインの写真を撮影するのに使ったレンズは、PERGEARというメーカーの7.5mm f2.8 FISH-EYE。
いわゆる、格安中華レンズと呼ばれるもので撮った写真です。

FISH-EYEレンズ(魚眼レンズ)を使ったのは、実はこの日が生まれて初めてで、戸惑いながら撮影したのですが、その写真を編集者には気に入っていただけたので嬉しいです!
写真がどのようなものかは、ぜひ『岳人』をお買い求めの上、ご覧になってみてください。

またもう1本、「残雪のアルプスへ」というページでも、北アルプスの唐松岳のコースガイドを書いています。
こちらも、未掲載写真を載せておきます。

私はこれら残雪期の北アルプスの山は、剱岳は1回だけですが、五竜岳や不帰嶮の東面の雪稜は何回か登ってきました。
楽しかった思い出です…とは簡単には言い切れず、あれこれ複雑な思いもあるのですが、こうやって写真で見ると山はとてもきれいです。
来年以降、もう少し時間に余裕ができたならば、あまり無理のない範疇で写真を撮りつつ、また登ってみたいと考えています。


さて近況ですが、ますます雑誌記事の執筆依頼が集中してきて本当に大忙しで、実はブログ更新をしている場合ではないのです。。
今は全部で6本、トータルで15ページ分くらいを、同時進行で書き進めている真っ最中。
書籍の原稿執筆も続けていて、もう目いっぱいでそれとなくお断りするのですが、全部は断りきれずにこんな状況になってしまいました。。

非常に大変なのですが、売れっ子作家になったような?気分を味わいながら書き進めます。
超苦しいですが、気合で頑張りますー。