【ガイドプラン】八ヶ岳・赤岳<真教寺尾根から御小屋尾根>

7月19日(金)~20日(土)実施予定

八ヶ岳最高峰を東から西へ横断

八ヶ岳最高峰の赤岳を、東面の急峻な尾根から目指します。

登りは牛首山を越える真教寺尾根から。
上部の鎖場の総延長は、250mもの長さです。

赤岳に登頂したら、すぐ隣の北峰にある、展望抜群の赤岳頂上山荘に宿泊します。

翌日は、朝の赤岳の景色を楽しんでから阿弥陀岳へ縦走。
下山は西へと下る、御小屋尾根をたどって美濃戸口へ。

登り、下りとも上部は急峻なコースであり、必要に応じてロープでのサポートはしますが、ある程度は岩場、鎖場を体験した方にお勧めです。
目安としては、谷川岳の西黒尾根や奥秩父の乾徳山を登ったことがあればあれば大丈夫でしょう。

赤岳山頂部では、高山植物の花も見頃を迎えている頃であり、花好きの方も楽しめると思います。

なお、出発前々日(7月17日)の時点で天気予報が良くない場合は、無理せずに中止しますのでご了承ください。

初めて私のガイドプランにご参加される場合は、お申し込みフォームに登山歴のご記入をお願いいたします。

●実施内容

【日程】
2024年7月19日(金)~20日(土) [1泊2日] ※悪天候の場合は中止いたします。

【登山内容】
中級者程度以上向けの岩場を含む山歩き

【山頂に立つ主な山】
赤岳(あかだけ・2899.4m)、阿弥陀岳(あみだだけ・2805m)

【行程】
1日目:小淵沢駅―[タクシー]―サンメドウズ清里スキー場―[リフト]―清里テラス/賽ノ河原・・・牛首山・・・赤岳・・・赤岳頂上山荘(泊)
2日目:赤岳頂上山荘・・・中岳・・・阿弥陀岳・・・御小屋山・・・美濃戸口ー[バス]ー茅野駅<解散>

【技術度】
★★★★(上部は岩場、ガレ場が点在します)

【体力度】
★★★(休憩を含まない1日のコースタイムは6時間未満ですが標高差が大きい)

【ご参加費】
34,000円(ご参加者の交通費や食事代、宿泊費などは含みません)

【別途必要な費用】
集合後、解散までの間に、小淵沢からサンメドウズ清里までのタクシー代約3,000円(ご参加人数によって増減します)と、サンメドウズ清里のリフト料金2,500円、赤岳岳頂上山荘の1泊2食宿泊代12,000円、美濃戸口から茅野駅までのバス代1,500円の、合計19,000円程度が必要になる見込みです。

【集合】
JR中央本線 小淵沢駅 改札出口 09:05(マイカーご希望の方はご相談ください)

【解散】
JR中央本線 茅野駅 15:25頃(途中で時間がかかり、1本後のバスに乗った場合は解散時刻が16:40分頃になります)

【標準コースタイム】
1日目:4時間30分
2日目:5時間10分(いずれも休憩時間は含まない平均的な所要時間です)

【募集人数】
最少2名様より実施、最大で3名様まで。

【お申し込み方法】
下の「ガイドプランへのお申し込み」ボタンを押して、リンク先のGoogleフォームへ必要事項をご入力ください。折り返し、お返事のメールを送信します。その後、出発日の約3週間前に、メールにPDFを添付する形で正式な参加案内を送信いたします。

【お申し込み期日】
山小屋予約の都合上、6月10日頃までにお申し込みください。


※持ち物は下の「装備リスト」をご確認のうえ、ご用意ください。ご不明な点があればお問い合わせください。
※山岳保険/山岳救助機構等へのご加入をお願いいたします。
※悪天候、自己都合に関わらず、キャンセル料は不要です(山小屋等のキャンセル料が生じた場合は、その分のお支払いはお願いします)。キャンセルされる場合には、早目のご連絡をお願いいたします。


(Googleフォームが開きます)

(Googleドライブが開きます)

※※こちらのコースでは上記リストに加え、登山用ヘルメットハーネススリング(60cm×1、120cm×1)カラビナ(2)安全環付カラビナ(2)をご持参ください。

(Googleフォームが開きます)

ご入力いただきました個人情報は、パスワードで厳重に保護した上、取り扱いには十分に注意いたします。

【参考周辺地図】