【ガイドプラン】上越・谷川岳

3月27日(水)実施予定

天候の安定する春に目指す豪雪の山

厳冬期は雪が深く、風雪にも見舞われることが多い谷川岳。
今回は雪も締まり、天候も安定して日帰りできる可能性が高い3月下旬に計画しました。

コースは、標高1320mまでロープウェイで上がることができる、天神平からのピストン。
スキー場の横を登って稜線に上がり、熊穴沢避難小屋の先からは斜度を増した雪の尾根をたどってトマの耳頂上を目指します。

トマの耳到着が正午前後で、体力に余裕がある場合には、さらに先のオキの耳頂上にも登りましょう
どちらの頂上も谷川連峰や苗場山など、360度の展望が広がります。

ギアは、ピッケルと10本爪以上のアイゼン、雪山対応のウェアに加え、ハーネスもご用意ください。

ピッケルよりも歩きやすいという理由で、ストック利用で登っている登山者もいますが、一見なだらかそうに見えても、尾根の左右が急峻にきれ落ちているこのコースで滑落した場合、ストックは全く無力です。
滑落を停止させる可能性を持つ、ピッケルのご持参は必須です。

さらに森林限界上では、不意の転倒に起因する滑落を回避するために、ロープを結んだ上での行動とさせていただきます。

全般に際立って急峻な可塑はなく、ピッケル、アイゼンでの登山経験があれば、雪山初心者でもご参加可能です。
初めて私のガイドプランにご参加される場合は、お申し込みフォームに登山歴のご記入をお願いいたします。

●実施内容

【日程】
2024年3月27日(水) [日帰り]
※荒天時は中止いたします。

【登山内容】
ピッケルと10本爪以上アイゼン使用の本格雪山登山

【山頂に立つ主な山】
トマの耳(とまのみみ・1963.2m)、谷川岳/オキの耳(たにがわだけ/おきのみみ・1977m)

【行程】
上毛高原駅―[バス]―土合口―[ロープウェイ]―天神平・・・熊穴沢避難小屋・・・谷川岳肩の小屋・・・トマの耳・・・谷川岳/オキの耳・・熊穴沢避難小屋・・・天神平―[ロープウェイ]―土合口―[バス]―上毛高原駅<解散>

【技術度】
★★★(本格雪山としては、残雪期は初・中級者向)

【体力度】
★★(雪の状態が良ければ、休憩を含まない1日のコースタイムは6時間未満)

【ご参加費】
17,000円(ご参加者の交通費や食事代、宿泊費などは含みません)

【別途必要な費用】
集合後解散までの間に、バス代往復2,800円と谷川岳ロープウェイの往復料金3,000円の、合計5,800円程度が必要になる見込みです。

【集合】
JR上越新幹線 上毛高原駅 改札出口 07:55(マイカーご希望の方はご相談ください)
※上毛高原駅への新幹線到着が07:50で、谷川岳ロープウェイ行きバスの発車が08:05となっています。すみやかなご移動、ご集合をお願いいたします。

【解散】
JR上越新幹線 上毛高原駅 17:55頃(状況により多少前後する場合があります)

【標準コースタイム】
5時間(雪の状態が良いときの、休憩時間は含まない平均的な所要時間です)

【募集人数】
最少2名様より実施、最大で3名様まで

【お申し込み方法】
下の「ガイドプランへのお申し込み」ボタンを押して、リンク先のGoogleフォームへ必要事項をご入力ください。折り返し、お返事のメールを送信します。その後、出発日の約2週間前に、メールにPDFを添付する形で正式な参加案内を送信いたします。


※持ち物は下の「装備リスト」をご確認のうえ、ご用意ください。ご不明な点があればお問い合わせください。
※山岳保険/山岳救助機構等へのご加入をお願いいたします。
※悪天候、自己都合に関わらず、キャンセル料は不要です。キャンセルされる場合には、早目のご連絡をお願いいたします。
※参加案内と一緒にお送りする「新型コロナウイルス蔓延期間中の注意事項」に沿った行動をとっていただきますよう、お願いいたします。
※新型コロナウイルスに対する感染ハイリスク要因をお持ちの場合、ご参加を見合わせをお願いする場合もあります。


(Googleフォームが開きます)

初めて私のガイドプランへお申し込みされる方は、フォーム中の「主な登山経験」へのご入力をお願いいたします。

(Googleドライブが開きます)

以上の装備に加え、「ハーネス」もご持参ください。

(Googleフォームが開きます)

ご入力いただきました個人情報は、パスワードで厳重に保護した上、取り扱いには十分に注意いたします。

【参考周辺地図】