【ガイドプラン】山陰・伯耆大山

3月4日(土)実施予定

ブナの森を登り日本海を見渡す山頂へ

山陰の名峰・伯耆大山を、積雪が安定する登りやすい時期に目指します。

登りのコースは定番の、夏山登山道から。
大山寺の参道を経由して五合目まではブナの森の中を、避難小屋がある六合目からは豪快な雪の尾根をたどって八合目へ。
そこからは広大な山頂台地の左端を歩き、剣ヶ峰や烏ヶ山など周辺の山々や、日本海を一望する弥山(伯耆大山)の頂上へ登ります。

下山は行者分れまで往路を引き返し、そこから急な行者コースを下って元谷へ。
そこから見上げる北壁は、標高1700mの山とは思えないほど雄大です。

最後は大神山神社、大山寺と参拝して、大山寺バス停へ向かいます。

ピッケルと10本爪以上のアイゼン、雪山対応のウェアをご用意できれば、雪山初心者でもご参加可能です。
初めて私のガイドプランにご参加される場合は、お申し込みフォームに登山歴のご記入をお願いいたします。

首都圏などからご参加される場合には、前泊が必要です。
その場合は、米子駅から徒歩圏内のホテル(ホテル真田、スーパーホテル、アルファーワン、ワシントンホテルプラザ、ユニバーサルホテルなど、多数あります)への宿泊がお勧めです。

また今回は、3月5日(日)を予備日として設定します。
3月4日(土)が悪天候の場合は、5日のご参加をご検討ください。

●実施内容

【日程】
2023年3月4日(土) [日帰り]
※3月5日(日)を予備日として設定しますので、4日が悪天候の場合はそちらへのご参加をご検討ください。

【登山内容】
ピッケルと10本爪以上アイゼン使用の本格雪山登山

【山頂に立つ主な山】
伯耆大山/弥山(ほうきだいせん/みせん・1709.4m)

【行程】
米子駅前―[タクシー]―大山寺・・・夏山登山口・・・行者分れ・・六合目避難小屋・・・八合目・・・弥山・・・八合目・・・行者分れ・・・元谷・・・大神山神社・・・大山寺・・・大山寺バス停―[バス]―米子駅<解散>

【技術度】
★★(本格雪山としては初・中級者向)

【体力度】
★★★(休憩を含まない1日のコースタイムは8時間未満)

【ご参加費】
14,000円(ご参加者の交通費や食事代、宿泊費などは含みません)

【別途必要な費用】
集合後解散までの間に、往路タクシー代2,500円程度(ご参加人数によって増減します)と、復路バス代730円程度の、合計3,230円程度が必要になる見込みです。

【集合】
JR山陰本線 米子駅前 06:45(マイカーご希望の方はご相談ください)

【解散】
JR山陰本線 米子駅 16:15頃(状況により多少前後する場合があります)

【標準コースタイム】
6時間30分(休憩時間は含まない平均的な所要時間です)

【募集人数】
最小2名様より実施、最大で5名様まで

【お申し込み方法】
下の「ガイドプランへのお申し込み」ボタンを押して、リンク先のGoogleフォームへ必要事項をご入力ください。折り返し、お返事のメールを送信します。その後、出発日の約2週間前に、メールにPDFを添付する形で正式な参加案内を送信いたします。


※持ち物は下の「装備リスト」をご確認のうえ、ご用意ください。ご不明な点があればお問い合わせください。
※山岳保険/山岳救助機構等へのご加入をお願いいたします。
※悪天候、自己都合に関わらず、キャンセル料は不要です。キャンセルされる場合には、早目のご連絡をお願いいたします。
※参加案内と一緒にお送りする「新型コロナウイルス蔓延期間中の注意事項」に沿った行動をとっていただきますよう、お願いいたします。
※新型コロナウイルスに対する感染ハイリスク要因をお持ちの場合、ご参加を見合わせをお願いする場合もあります。


(Googleフォームが開きます)

初めて私のガイドプランへお申し込みされる方は、フォーム中の「主な登山経験」へのご入力をお願いいたします。

(Googleドライブが開きます)

(Googleフォームが開きます)

ご入力いただきました個人情報は、パスワードで厳重に保護した上、取り扱いには十分に注意いたします。

【参考周辺地図】