【ガイドプラン】秩父・四阿屋山<つつじ新道>

2月27日(日)実施予定

早春の花を見つつ急峻な岩尾根へ

両神温泉薬師の湯を起点に、春の花と岩場を楽しめる山を周回します。

集合時刻は、バスの関係でやや遅い10時。
薬師の湯到着後は、車道をしばらく歩いて堂上の節分草園へ。
ここで昼食をとりつつ、日本最大級のセツブンソウ自生地を見学しましょう。

そこから少し引き返し、意外と手強い岩場が続くつつじ新道を登って山頂に向かいます。

下山時は両神神社奥社から、フクジュソウが咲く福寿草園地へ。
さらに展望の良い、鳥居山コースを歩いて薬師の湯に戻ります。

急峻な箇所が点在するため、まったくの初心者には不向きですが、レベルアップを目指したい初級者には適しています。
また、見所は多いので、中級者以上の方でも楽しめるでしょう。
お花が好きな方にもお勧めです。

●実施内容

【日程】
2021年2月27日(日) [日帰り] ※荒天の場合は中止いたします。

【登山内容】
初・中級者向けの、岩場を含む山歩き

【山頂に立つ主な山】
四阿屋山(あずまやさん・771.5m)

【行程】
西武秩父駅―[バス]―両神温泉薬師の湯バスターミナル・・・節分草園・・・つつじ新道・・四阿屋山・・・両神神社奥社・・・福寿草園地・・・鳥居山コース・・・両神温泉薬師の湯バスターミナル<解散>

【技術度】
★★★(岩場、鎖場が点在)

【体力度】
★★(休憩を含まない1日のコースタイムが6時間未満)

【ご参加費】
9,500円(ご参加者の交通費や食事代、宿泊費などは含みません)

【別途必要な費用】
集合後解散までの間に、バス代500円と節分草園入場料300円の、合計800円程度が必要になる見込みです。

【集合】
西武秩父線 西武秩父駅 10:05 (マイカーご希望の方はご相談ください)

【解散】
両神温泉薬師の湯 バスターミナル 17:00頃(状況により前後する場合があります)

解散後は、両神温泉薬師の湯で入浴(600円)していくのがお勧めです。
その場合の、薬師の湯発の西武秩父駅行きバスの時刻は、18時15分(到着19時4分)となります。
また、多少でも早く帰りたいという場合は、薬師の湯発の秩父鉄道三峰口行きのバス(所要16分、運賃400円)に乗る方法もあります。
その場合の薬師の湯発の時刻は、16時58分と17時55分があります。

【標準コースタイム】
約4時間15分(休憩時間は含まない平均的な所要時間です)

【募集人数】
最小2名様より実施、最大で5名様まで

【お申し込み方法】
下の「ガイドプランへのお申し込み」ボタンを押して、リンク先のGoogleフォームへ必要事項をご入力ください。折り返し、お返事のメールを送信します。その後、出発日の約2週間前に、メールにPDFを添付する形で正式な参加案内を送信いたします。


※持ち物は下の「装備リスト」をご確認のうえ、ご用意ください。ご不明な点があればお問い合わせください。
※山岳保険/山岳救助機構等へのご加入をお願いいたします。
※参加案内と一緒にお送りする「新型コロナウイルス蔓延期間中の注意事項」に沿った行動をとっていただきますよう、お願いいたします。
※新型コロナウイルスに対する感染ハイリスク要因をお持ちの場合、ご参加を見合わせをお願いする場合もあります。


(Googleドライブが開きます)

(Googleドライブが開きます)
※上記装備のほか、前日までの積雪状況によってはチェーンアイゼン/軽アイゼンのご持参をお願いする場合があります。

(Googleフォームが開きます)

ご入力いただきました個人情報は、パスワードで厳重に保護した上、取り扱いには十分に注意いたします。

【参考周辺地図】

前の記事

2021年、最大の失敗。

次の記事

今月の山の雑誌。